忍者ブログ
Armored Core(アーマード・コア) 分析・解析・雑記・その他
[20] [19] [18] [17] [16] [14] [10] [8] [7] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内装と外装の重量配分による速度の変化について

MBはGAN01-SS-MLCG、前後配分は1:1、空力も固定(HOGIRE)



HOGIRE A
総重量14477/内装重量1506 最高速458km/h

加速
 開始から最高速まで 3.20秒
 450km/h突破時点まで 1.48秒



HOGIRE B
総重量14477/内装重量3666 最高速458km/h

加速
 開始から最高速まで 3.01秒
 450km/h突破時点まで 1.47秒


・内装の占める割合によって最高速度は変わらない
・最高速度に到達するまでの時間は変化あり


純粋に加速に影響してるかと言われると言い切れない部分があるねぇ
大きく差のでている「最高速に達するまでの最後の伸び」の部分は
慣性の影響が強い部分だから、根拠があるわけじゃないけど
慣性モーメントが外装重量判断になってるだけの気もするねぇ

ブースト加速による速度上昇、慣性による速度上昇は
1フレームごとの速度値をグラフにすると
わりとわかりやすい状態で線グラフになるねぇ
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[08/22 NONAME]
[08/17 E教授]
[08/07 名も無き山猫]
[07/28 E教授]
[07/02 NONAME]
最新トラックバック
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31